読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリとワサビ。

話題のニュース・高校野球・グルメ

雷門が工事中。工事期間は6月末まで、見学できないのでご注意を。@ジョギング中に気付きました。

※記事更新2016年9月5日※

浅草寺の雷門の工事はすでに終了していますので、観光客の皆様はご安心ください。

ただし、五重塔は当面工事中です。浅草寺自体の観光には支障はありませんよ。 

【雷門は工事中】(でも浅草寺は見学できます)

浅草観光をされる方(訪日外国人の皆さん含む)には少し残念なお知らせ。今朝、浅草寺の雷門の前を通りかかると、雷門全体が大きなシートで覆われていた。

5月末から6月末まで緊急点検作業を行うという。(三社祭で壊れたのかな?)

雷門前ではセルフィーなどで自撮りをしている外国人たちがたくさんいるので、今日行こう、「げっ、マジ」とみんなひどく落胆することだろう。

【毎日新聞引用】雷門の瓦1枚落下 けが人なし

東京の観光名所、浅草寺の雷門(台東区浅草)の屋根瓦1枚が落下しているのが発見され、寺は緊急調査を始めた。雷門は工事用の囲いで覆われており、調査と該当部分の修理が、6月末ごろまで行われる見通しだ。浅草寺によると、落下していたのは20日午後。修学旅行の引率の教員が発見し、近くの交番に通報した。寺の職員が駆けつけたところ、仲見世側の上部の瓦がなくなっていた。近くの菓子店に瓦1枚(横24センチ、縦14センチ)が届けられていたという。重さは約1キロで、けが人はなかった。