読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリとワサビ。

話題のニュース・高校野球・グルメ

【旅行記】バルセロナ(2015)【5日目】<ショートトリップで「シッチェス」のビーチでのんびり>

海外旅行記 バルセロナ旅(2015)

8月19日(5日目)

【朝ごはん】
昨日仲良くなった親子が親子が朝食場所にいらっしゃったので、お隣に座った。昨日は車でフランス国境まで行かれたそうで、30分もすれば晴れただ。今からサグラダファミリアへ行くそうだ。(思い出したこと;そういえば昨日の朝、嫁をおいて先に地下鉄に乗ってしまった)コーヒーを今朝も4杯ほど飲む。本日の行き先は「シッチェス」。まだ電車の乗り方がわからないが、なんとかなるだろう。あ、甲子園では、早実が仙台育英に大差で敗れた。

【電車に揺られてビーチ;シッチェスへ】
pontana駅から、パセジ・デ・グラシア駅(passeig de Gracia)駅まで行き、そこからシッチェス(sitges)へ向かう。シッチェス駅には、近郊線R2Sに乗って行くのだけど、切符の買い方に不安があった。が、想像よりも買い方は簡単で、発券機で購入(4ユーロ程度)できた。電車に約40分程度揺られ到着した。二階建てのガランとした電車は海岸線を走る。(電車に乗りながら気がついたこと…「スペインでは、ハムが日本で言うところの昆布的な?存在なんじゃないか」ということ)

【パラソル&シート、ビーチで寝転がる】
到着したシッチェス駅は、それほど大きな駅ではないが、ビーチに行くだろう人が大勢いた。白い街並みがそこにはあった(ベネチアを思わせる石の家、路地)。街はというと、カフェで思い思いにコーヒーを新聞片手にすする人がいる。○○の街という噂もあり、確かにそう言われると、手をつなぐ男子がいたりする(マッチョ、タンクトップ、短髪、サングラス)。…綺麗な街並みを10分ほど歩くと、ビーチが広がる。そこで、パラソルとベンチが並ぶ場所で、20ユーロ程度で場所をレンタルする。日差しがかなりあるので、「コパトーン」的なものを買いに、近くのコンビニ風へ行くが、目の前に並ぶものがサンオイルなのか日焼け止めなのかわからず、結局ビール(ここではハイネケン)と水1.5lを購入した。パタゴニアの短パンで海に入る(旅にはパタゴニアに限る、水着兼用になる)。海に入るのは4、5年前のグアム以来か。最初は冷たくて無理と思ったが、慣れたらとても気持ちが良い。ここはヌーディストビーチ。若いコもおばちゃんもヌーディスト。流石に男子はいないけど。…さすらいのパレオ売りの兄ちゃんや、中華系?のマッサージ勧誘おばちゃん、「オラオラ〜〜、セルベッサ、サングリア、コカコーラ、モヒート」と独特の調子で売るおじちゃん。そんな人と海を眺めながらのんびりと昼寝をした。スペインの人は、他人にそれほど関心を持っていない(日本人的な関心の持ち方、これはどう表現したらいいのかわからない)。ビーチでは、太陽の日差しと心地よい風&気温、気持ちが良くてうとうとする、明日もう一度来てもいい位だ。シッチェスはこちらもまた穴場なのか、日本人やアジア人をほぼ見かけなかった。

【セルべセリア カタラナ(cerveceria catalana)】
昨夜、大混雑で断念した有名バルへ向かう。シッチェス発の電車に乗り(15時ごろ)、パセジ・デ・グラシア駅で下車。行きよりも停車駅が多く、停車駅ごろにあるビーチで過ごした人たちが多く乗り込んでくる。16時すぎにお店へ。カウンターが空いていた、早速セルベッサを頼む。久しぶりの生ビールはうまい。注文したのは、ハムとキノコの炒め物、あれはヒラタケだろうか。ハムの塩気がとても良い。マテ貝のオリーブオイル&バジル炒め。生レモンを絞って。これもまた美味い。(日本でもメニューにしてくれないかな) 同様のイカ炒め。これもレモンと塩気のバランスが非常にいい。小さな貝(なんて貝だろうか)、こいつは塩気がたっぷりだ。お店の雰囲気はというと、アジア系の気だての良い、少しクレバーな感じの女店員さんがいた。「あなた達は、ポテトと卵とトマトソースの和え物を頼んだか?」と聞いてきたので、お試しでハーフサイズを注文した。これがまた美味い。トマトソースは辛くスパイシー、ポテトフライは、麺のような雰囲気になる。辛さと香ばしさは、酒に合う。スペインに来てから辛いものを欲していたので、すごくあたりだった。女性店員さん見事なご提案。…沢山食べて50ユーロかからない程度であった。雰囲気、注文のしやすさは常連になっている店よりも観光客向けなので、訪問しやすいような気がする。味と本場感(活気)を堪能したいなら、向こうのほうが良い。(忘れ物;あ、ここでまた家で昼寝をして気がついたのだけど、嫁がテーブル下においた手提げ鞄を置き忘れる)

【帰り道にマクドナルド、そして昼寝】
マクドナルドではターミナル機にクレジットカードを差し込むと、並ばなくても注文ができるシステムだった。NEWと書かれたものがあったので注文してホテルで食べるが、ビッグサイズなのはいいんだけど、リンゴ味?で甘い。無難なものにすれば良かった。食べて昼寝(非常にもたれた、後悔する)。

【夜のサグラダファミリア。&忘れ物をとりに】
昼寝から起きると、嫁が手提げ鞄を忘れたことに気がつく。この度2度目の忘れ物。水を買って、サグラダファミリアまで歩く。歩けない距離ではないが、疲労した。夜道は、明るいとは言えず、人通りもまばらだ。夜のサグラダファミリアは、下からライトアップされていて、雰囲気がある。夜10時すぎだったか、観光客は多くなく、写真も撮影し易い。日本人が目立った。