ガリとワサビ。

今、急上昇している話題を

【インド旅行】チップの考え方〜リキシャの少年〜(2016年5月@バラナシ・アグラ・デリー)

・リキシャの少年とチップの考え方について
リキシャは少年にお願いした。3人乗りし、苦労をかけながら、ホテルまで戻る。少年はとても汗だくになった。少し多めに70ルピーを支払った。ランジャンは「旅工房に15万払うのだったら、貧しい人や旅をサポートしてくれる人に少し多くチップとして支払うと、彼らも笑顔をみせてくれるよ」と教えてくれた。