読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリとワサビ。

話題のニュース・高校野球・グルメ

【まとめ】日ハム杉谷をいじる西武ドームの名物ウグイス嬢「鈴木あずさ」さん(プロフィール、経緯)

興味関心

杉谷をいじる「鈴木あずさ」はいったい何者?

日ハムの杉谷を場内アナウンスでイジることで有名な西武ドームのウグイス嬢「鈴木あずさ」さん。気になって、過去のスポーツ紙などから、彼女のプロフィールや杉谷をイジることになった経緯を調べてみました。

f:id:summer-jingu-stadium:20160904142748p:plain

【口撃例】例えば、こんな口撃

「ご来場の皆様、お集まりの『杉谷拳士選手・ロス』の皆様、お待たせいたしました。ただいま西武プリンスドームではファイターズの杉谷選手が打撃練習を行っております。練習中、今季本気の杉谷選手の打球が頻繁にスタンドに飛び込むことがございます。大変危険ですので、プロ野球選手・杉谷選手の打球には皆様くれぐれもご注意ください」 

f:id:summer-jingu-stadium:20160904142623p:plain

【広告】  

【プロフィール】どんな人か(スポニチより)

西武名物ウグイス嬢 「杉谷いじり」はアドリブでございます ― スポニチ Sponichi Annex 野球

◆鈴木 あずさ(すずき・あずさ)8月19日生まれ、北海道出身。年齢は「今までも言ってこなかったので…」と非公表。札幌第一―日大卒。札幌ドーム勤務を経て、03年12月に西武球団に入社。04年5月から1軍のアナウンスを担当する。趣味は一人旅と読書で「ミステリー、ファンタジーと何でも読みます」。好きな食べ物は辛いもの全般。

f:id:summer-jingu-stadium:20160904142802p:plain 

日本ハムファイターズ優勝記念号 2016年 10/27 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊

日本ハムファイターズ優勝記念号 2016年 10/27 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊

 

【経緯】杉谷を口撃しだした経緯は(フルカウントより)

日本ハムの杉谷拳士を「口撃」 ウグイス嬢が明かした真意 - ライブドアニュース西武プリンスドームで04年からウグイス嬢を務める西武広報・鈴木あずささんに聞いた。
――いつから始めたのか?
「昨年9月の最終カードからだと思います。最初は『杉谷選手、打撃練習あと10分です』と言うぐらいでした」
――なぜ、この「口撃」が始まったのか?
「去年の7月ぐらいに、突然、杉谷選手から、『今日、打撃練習で最後の打者なので、打撃練習終了のアナウンスの時に杉谷選手、打撃練習終了です、と言ってくれませんか』と言われたんです」
「深夜番組のノリでこっそりやっていたんですが…」
――でも、始めたのは9月から?
「最初にお願いされた時は無理と思ってやらなかったんですが、そしたら、杉谷選手が『あれ? やってくれないんだ』と寂しそうにしていて…。そこから杉谷選手はスタメンが続いていて、なかなか言うチャンスがなかったんですが、9月にスタメンを外れた時に『言っちゃえ』と思って始めたんです。そうしたら、本人も周りの人にも『次もお願いします』とお願いされました」
――杉谷選手はライバル球団の選手。以前は「北海道・上富良野町の応援大使を務めております杉谷選手」「打率3割を越えています」と深い情報を話していたこともあったが、情報収集はどのようにしているのか?
「私は札幌市出身なので、北海道のことは少し知ってまして。打率はアナウンスの時にスコアボードで見て覚えているので。本人から『僕は(西武プリンスドームに近い)練馬区大泉学園出身です』と言ってこられたこともありました。あとは、ちょっと調べたりしています。以前より、杉谷選手を注目してみるようになりました」
――反響は大きいか?
こっちは深夜番組のノリでこっそりやっていたんですが、最近、みんなに知られてゴールデンに進出したみたいになっちゃって…。どうしたら分からないんですが、みなさんが喜んでもらって良かったです。やはり(特別アナウンスが)かぶらないように考えないといけない。これによって、1人でもお客さんが来てくれるのであれば」
杉谷とはほとんど面識なし「あいさつもしたことないんです」
――杉谷とは以前から知り合いだったのか?
「いや全然(知らない)。ちゃんと、あいさつもしたことないんです。打撃練習の後に、杉谷選手が『今日もありがとうございます』と言ってくれるんですが、それぐらいで。いつもグラウンドと(バックネット後方の)放送室の『窓越しの関係』です」
――杉谷選手はどういう人?
「いつもあいさつしてくる礼儀正しい選手だなと思います。いつも栗山監督や白井コーチにいじられてて、アナウンスで『杉谷選手の打球がスタンドに入ることがあります』と言ったら、日本ハムの首脳陣が『入らない、入らない』と言われたこともありました」
――栗山監督も公認なんですね。
「以前、栗山監督が『拳士は今日2軍戦に出ていて、練習にいないんだ。(アナウンスが出来ず)面白くなくてゴメンね』と謝られに来たこともありました」
――ほかの選手に特別アナウンスはしないのか?
「実は陽岱鋼選手にも『言ってくれ』と頼まれたことがあるんです。頼まれたので、『陽選手、打撃練習を行っております』と軽めにアナウンスしたんですけど、なぜか罪悪感を感じてしまって。他の選手は言いづらいですね。お客さんも、杉谷選手をいじるのが面白いのかなと。今のところ、杉谷選手以外でやるつもりはないです。ただ、選手に頼まれたら、断れないですね」

【広告】  

【略歴】札幌ドームから西武ドームへ(朝日新聞)

「杉谷アナウンス」ウグイス嬢、驚きのプロフィルとは:朝日新聞デジタル

鈴木さんは高校生まで札幌など道内で育ち、大学で関東に出て、卒業後、札幌に戻った。「札幌ドームで見学ツアーのアテンダントをしてました」。2003年のシーズンオフ、西武が募集した場内アナウンスの採用試験を受け、今に至る。日本ハムが札幌に本拠を移したのが04年なので、ちょうど入れ替わりだ。

監督・選手が変わってもなぜ強い??北海道日本ハムファイターズのチーム戦略?

監督・選手が変わってもなぜ強い??北海道日本ハムファイターズのチーム戦略?

 

今シーズン最終対決 日本ハム・杉谷と西武ウグイス嬢「満を持しての登場 ご注目を」 

日本ハム・杉谷と西武ウグイス嬢 最終決戦「満を持しての登場 ご注目を」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

日本ハム・杉谷拳士内野手と西武ウグイス嬢の熱い「バトル」が最終決戦を迎えた。杉谷が打撃練習のためにケージに入ると、スタンドから大きな拍手。数球スイングした後、「本日は西武プリンスドーム最終戦でございます」とウグイズ嬢のアナウンスが始まり、「杉谷選手も満を持しての登場です。ご注目下さい」と流れると、一層大きな拍手が起こった。

 1年間、杉谷を口撃し続けた西武アナウンス嬢にとっても負けられない戦い。前日の試合でリーグ優勝決められなかった杉谷の気合いも十分で、それを感じたウグイス嬢も「昨日よりも大きな打球が」と切り出したが、「思いのほか緩やかな打球や小さな打球が飛び込みますのでご注意下さい」といつもの口撃。スイッチヒッターの杉谷を「この左打席は男のロマン」といじった後、最後は「みなさま今シーズンもありがとうございました」と杉谷の思いも代弁するかのような感謝の言葉で、2016年の戦いを締めくくった。 [ 2016年9月28日 17:13 ] スポニチより

 大谷翔平、漫画を超えるスーパースター

大谷翔平 二刀流

大谷翔平 二刀流

 
大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ) 2017年 カレンダー 壁掛け B3 CL-492

大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ) 2017年 カレンダー 壁掛け B3 CL-492