ガリとワサビ。

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

【ブログ】チェンマイ旅行記(11)安くてうまい!! イサーン地方料理「ルートロット・アハーン・イサーン」(Lert Ros)へ(2016年8月9月)

気になっていたイサーン料理屋「ルートロット・アハーン・イサーン」(Lert Ros)というタイ料理屋へ。初日の夜に食べた「クッキングラブ」のすぐ近くにある。

入り口近くに差し掛かるとお父さんが「どうぞどうぞ」とばかりに招き入れてメニューを渡してくれた。

店の前では、市場で売られていた大きな魚が焼かれている。

店内は地元民の人に愛されてきた食堂風。

扇風機が回る。

まずは、changビールの大を注文し、ラープムーと筍のサラダを注文した。

両方とも辛味がある。汗が噴き出す。

このお店の特徴は、「酸味」だ。

辛さに加えて、酸味が強い。

ビールが進む。量は適量、もう二品頼む。

レバーの炒め物と、ヤムウンセンだ。 

レバーが新鮮でうまい。味は先ほどの2つの料理に似て、辛く・酸味が強い。

ヤムウンセンは野菜がなく、春雨と練り物が入っている。

青唐辛子がふんだんに混ぜられていて、汗が止まらない。

うまい。かなり独自色のあるタイ料理屋さん、雰囲気もよく気に入った。

旅中にもう一度行きたい気持ちになる。

▼街角散策と明後日の「料理教室」の予約

嫁が気になる雑貨屋やカフェをめぐる。天気は晴れ、暑い。

おしゃれなカフェや雑貨屋が沢山ある。

ちょっと離れたカフェにはトゥクトゥクに乗る。

メガネサングラスをかけた陽気なおじさんが乗せてくれた。

みんな気がいい。

明後日、地元のタイ料理教室に参加したく、インペリアルホテルの横にある「ナラツアー」という日本人在中の旅行会社を訪問した。

チェンマイに15年あまりいらっしゃるという女性がスムーズに料理教室の予約を取ってくださる。

プライベートレッスンで二人で2800バーツ。

ちょっと高いかも?と思ったが、3品+デザートが作れて、プライベートレッスン。

送り迎えもあるというのだからお得だと思う。

▼プールで溺れそうになる
ホテルに戻る。とてつもなく暑いので、シャワーを浴びようとしたところ、

ホテルにプールがついていることを思い出し、

水着に着替えてすぐさま直行する。誰もいない。

ざぶんと飛び込み、平泳ぎ。

途中、立ち止まろうとするが、足がつかないほどに深いことに焦り、鼻に水が入る。

一人きりの独占プールで一人きりで溺れかかった。

水は透明度が高い。

太陽が出て、眼下にはチェンマイの街が見える。

最高に気持ちがいい。1時間あまりずっとプールでのんびりとした。