読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリとワサビ。

話題のニュース・高校野球・グルメ

【速報】タイ バンコクで爆弾テロの可能性、時期は2016年10月下旬。在タイ日本大使館が注意呼びかけ

興味関心 海外旅行記

タイ・バンコクで爆弾テロの可能性、時期は2016年10月下旬

タイのバンコクでテロ発生の可能性について、在タイ日本大使館が注意を呼びかけています。日本でもNHKが昨夜ニュースとして報じています。時期は10月下旬との報道。

f:id:summer-jingu-stadium:20161012092828j:plain

まずは在タイ日本国大使館が注意喚起しています。

在タイ日本国大使館ウェブサイト(リンク)

爆弾事案発生の可能性に関する報道について

10月10日から10月11日にかけて、各種メディアは、タイ警察高官が10月下旬にバンコクおよび近郊で爆弾事案が発生する可能性があると述べた旨を報じています。

詳細は報道により異なっており、10月25日から30日の間、首都(バンコク)および隣接県での発生について言及するものと、10月20日から25日の間、サムットプラカーン県での発生について言及するものがあります。

在留邦人および旅行者の皆様におかれましては、テレビやラジオのニュース、インターネット等を通じて最新情報の入手に努められると同時に、安全確保に十分注意を払って下さい。

【広告】  

NHKも以下の通り報じています。

バンコクでテロ計画発覚 警戒強まる | NHKニュース 10月11日 22時14分

タイの警察は、首都バンコクや周辺の地域でイスラム系の武装集団が関与していると見られる爆弾テロの計画が発覚したとして、関係先を捜索するとともに、多くの人が集まるショッピングセンターなどでの警戒を強めています。

タイの警察によりますと、バンコクや周辺の地域で今月下旬に爆弾テロを引き起こす計画が発覚し、11日、首都とその近郊のアパートなど9か所を捜索したところ、爆弾の起爆装置に改造されたと見られる携帯電話などを押収したということです。

タイでは、ことし8月に中部のホアヒンや南部のプーケットなどで爆発が相次ぎ、合わせて4人が死亡、30人以上がけがをして、分離独立を求める南部のイスラム系の武装集団の関与が指摘されており、警察は今回もこの武装集団に関係するグループがテロを計画していたものと見ています。

また警察はほかにもテロの計画がある可能性もあるとして、多くの人が集まるバンコク中心部のショッピングセンターなどでパトロールを強化して警戒しています。

バンコクの日本大使館も、タイで暮らす日本人や旅行者に対し、外出の際などは十分に注意するよう呼びかけています。

【広告】  

 【ロイター】タイ爆破事件で観光客最大20万人減の可能性=政府

タイ爆破事件で観光客最大20万人減の可能性=政府 | ロイター

[バンコク 15日 ロイター] - タイ政府観光庁のユタサック総裁は15日、先週発生した一連の爆破事件により、タイへの観光客が最大20万人、観光収入が2億9300万ドル減少する可能性があると述べた。

タイは10年に及ぶ不安定な政治を耐えしのぎ、ここ数年の暴力の横行によるダメージからも立ち直ってきたタイの観光業にとって、11-12日にかけてホアヒンやプーケットなどの地域で相次いだ爆破事件は最大の挑戦となる。

ユタサック総裁は声明で「年末までに10万から20万件の旅行キャンセルが発生するかもしれない。50億8000万バーツ(1億4600万ドル)から101億6000万バーツ(2億9300万ドル)の損失となる」とし、爆破事件は特にアジアの他の地域からの旅行者や観光収入の長期的な落ち込みにつながりかねないと述べた。

観光はタイの国内総生産(GDP)の1割を占める。2014年のクーデターで軍部が政権を握って以来、経済は低迷しているが、観光業は数少ない明るい材料だった。

タイ国際航空(THAI.BK)のナロンチャイ最高財務責任者(CFO)は12日、連続爆破事件がビジネスへの打撃となり、消費者の信頼感を損ねるだろうと述べた。

爆破事件に関する犯行を認めた団体はない。警察は15日、事件に絡んで、放火の疑いで男性1人を逮捕したと発表した。

チェンマイ旅行記(2016年夏) 

クリアクリーン 携帯用 お泊りセット 1組

クリアクリーン 携帯用 お泊りセット 1組