ガリとワサビ。

今、急上昇している話題を

【試合結果】東海大菅生vs高島 @2016年10月15日(高校野球/2016年東京都秋季大会を振り返る)

東海大菅生と高島の一戦。

試合は、東海大菅生が7回コールドの8-1で高島を下す。3回裏に東海大菅生が6点を追加するビッグイニング。一番キャプテン小玉の打撃が光る。エース松本、二番手山内が高島を1点に抑える。

【広告】  

両チームはエースが先発。

東海大菅生はエース松本(2年、身長178)。高島のエース中澤は「188センチ」の長身。

【2回終了】東海大菅生2-0高島

2回裏、東海大菅生は、チャンスで1番キャプテン小玉のタイムリーで2点を先制し、2-0でリード。

【広告】  

【3回終了】東海大菅生8-0高島

3回裏、東海大菅生が高島を攻め立てる。高島の守備の乱れに乗じて、スクイズなどで得点を重ねる。高島の守備、きわどい打球などでしっかりアウトをとれない。夏までの課題かもしれない。東海大菅生は、またも1番キャプテンの小玉がレフトオーバーで走者一掃の三塁打。8-0とリード。

【4回終了】東海大菅生8-1高島

高島がタイムリーで1点を返す。なおも東海大菅生のエラーやタイムリーで、ーアウト1・2塁のチャンス。ここで、高島の188センチエース中澤がセンター前タイムリーでノーアウト満塁。しかしチャンス生かせず無得点。

【広告】  

【5回終了】東海大菅生8-1高島

東海大菅生はエース松本から背番号11の山内への継投。球速あり。層が厚い。

【試合終了】東海大菅生8-1高島(7回コールド)

3回裏に東海大菅生が6点を追加するビッグイニング。一番キャプテン小玉の打撃が光る。エース松本、二番手山内が高島を1点に抑える。

【広告】  

【写真】東海大菅生vs日大三(16年夏)

www.gari-wasabi.com

【写真】高島vs青稜(16年夏)

www.gari-wasabi.com