ガリとワサビ。

今、急上昇している話題を

【消費拡大中】チョコレートはメンタル・肉体を活動的にする健康効果ありとMeijiがレポート(中高年の人気加速)

チョコはメンタルにも効く、肉体にも

「健康にはチョコレート」というと、一見相反するようにイメージしますが、最新の研究では「チョコレート摂取が健康に良い(精神的たも肉体的たも)」という結果が出ているようです。しかも体重も増えないといいます。

Meijiでは「チョコレート摂取が健康に及ぼす効果に関する最新の研究レポート」で日本人を対象としたチョコレートを用いた初の大規模調査の結果をまとめています。

具体的な健康効果は以下に引用しますが、「1日25g程度を日本人も習慣的に」という提言がされています。

f:id:summer-jingu-stadium:20161019075854p:plain

【広告】  

 チョコの消費が中高年を中心に伸びる

そんな健康に効く「チョコレート」、健康志向の中高年による常食が進み、チョコ市場が伸びているというニュースも出ています。

チョコ、健康志向で消費拡大=中高年が常食(時事通信)

時事通信 10月18日(火)17時0分配信

チョコレートの消費が増えている。けん引するのは「高カカオ」「乳酸菌入り」など体に良いイメージのある商品で、健康を気遣う50代以上の中高年が日常的に食べているようだ。メーカー各社は少子化で頭打ちとなる菓子市場の救世主と期待し、商品開発と増産に力を入れている。全日本菓子協会によると、2015年のチョコ市場は前年比3.7%増の5040億円。14年には和生菓子を抜いて菓子分類の中で最大となった。 

明治 チョコレート効果カカオ72% 26枚入り×6個

明治 チョコレート効果カカオ72% 26枚入り×6個

 

 Meijiの研究レポート提言「1日25g程度、日本人も取り入れたいチョコレート習慣」

欧米では昔からチョコレートを食べる習慣があります。最近では日本でもカロリーが低く、ポリフェノールの多い、おいしいチョコレートが販売されています。こうしたものを1日に25g程度食べる、というのを、日本人の新しい習慣にしていただければと思います。また果物などには、カロテンといった、他の種類の抗酸化物質が含まれています。お茶やワインといった飲料にもポリフェノールが含まれており、抗酸化の役割を果たしてくれます。チョコレートを中心にしながら、こうしたものを、日常の食事習慣の中に取り入れることで、健康レベルを向上させていきたいですね。

【広告】  

チョコレート摂取が健康に及ぼす効果に関する最新の研究レポート(Meiji)

チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究 中間報告|みんなの健康チョコライフ

チョコの健康効果を抜粋引用

・カカオポリフェノールを多く含むチョコレートを摂取していただくことで、血圧が低下しました。血圧が高めな人ほど、低下量が大きかった。血圧のピーク値が低下する。

・精神的・肉体的に活動的になることがわかりました。健康調査アンケートで確認。活力や心の健康に効果あり。身体の痛みは、全然なく、身体の痛みのためにいつもの仕事が妨げられることが全然なかった。健康状態は、非常に良い。

過去1ヶ月間、いつでも活力にあふれていた。過去1ヶ月間、仕事や普段の活動をした時に、心理的な理由で問題がなかった。過去1ヶ月間、落ち着いていて、楽しく、おだやかな気分であった。

・体重・BMIの変化は認められませんでした。チョコレート4週間の摂取前後で変化なし。

・今回の実証研究を終えて、理想的な血圧の下がり方を実現。善玉コレステロールの増加と、強力な酸化抑制効果