ガリとワサビ。

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

初めて上司になって1年半が経った。疲れ果てた若手に一体なんて言葉をかけたらよかったのだろう。

役職がついて、数人の部下をもってから1年半が経った。

今日は↓こんな記事↓を読んだ後だったので、さっきあった出来事を書く。

 

anond.hatelabo.jp

 

時刻は20時過ぎ、華金の夜。

オフィスのほとんどが消灯し、

私が所属する担当の島だけが電気がついている。

 

私ともう一人が残業をしているところに、

入社2年目の男性社員が取引先から帰社した。

 

彼の背中をみると、やけに疲れが見えた。

 

私は彼の肩を揉みながら

「お疲れ。遅かったじゃん。

 どう、最近は?」と声をかけた。

 

私の直部下ではないが、

たまに飲みに行ったりする仲だ。

普段とても誠実な彼は、こう答えた。

 

「全然元気ないです(笑)。

 仕事辞めたいです(笑)。」

 

(笑)の雰囲気を混ぜても、

普段は全く弱音を吐かない彼なので、

辛い状況だということがわかる。

 

取引先からは若手だからといいように使われ、

彼の上司からは「育成だ!」といって、

気の遠くなるような長い時間にわたって

”育成という名の”上司の自己満足=なぜなぜ分析”に

付き合わされている。(よく見かける)

 

彼はいう。

 

「生きていくためには

 働かなくちゃいけないですからね。

 給料のため、生活のため。

 もう働きたくないです(笑)」

 

私は「まぁな〜」と一言だけいって、

次の言葉が続かなかった。

 

なんて答えたらよかったんだろう。

 

初めて上司になって1年半が経った。

変に肩書きを意識して、”素晴らしい”ことを

言わなくちゃいけないという気持ちに駆られて

「まぁな〜」以降の言葉を探してしまっていた。

 

昔の私なら、なんて彼に声をかけたのだろう。

 

anond.hatelabo.jp