読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリとワサビ。

話題のニュース・高校野球・グルメ

【試合結果】日大三6-2早大学院 @2016年10月29日(高校野球/2016年東京都秋季大会を振り返る)

【試合結果】日大三6-2早大学院 @2016年10月29日

初回に早大学院が2点を先制し、日大三がそのまま苦戦するかと思われた。が、直後にすぐさま日大三の1番井上の弾丸ライトスタンドへのホームランで1点、さらに外野フライで1点を返し、同点に試合を振り出しに戻す。来夏に注目したい投手は「早大学院のエース内田」、センスを感じさせる投球で日大三を抑えるが、総合力で勝る日大三が6-2で早大学院を下した。

【広告】  

【両校先発はエース】

日大三は、エース岡部(背番号1・2年)。早大学院もエース内田(背番号1・2年)。初回、早大学院は2点を先制するも、日大三の先頭バッター井上の弾丸本塁打で1点を返し、さらに外野フライで1点を返し、同点とする。

【早大学院のエース内田】

とにかくテンポがいい投球。どんどんと打者に投げ込むタイプ。

【日大三のエース岡部】

甘いマスクだ。

【広告】  

【接戦】4回終了 早大学院2-3日大三

日大三は、早大のエース内田の小気味のいい投球に得点重ねられず。4回まで終了。流れはどちらへ。夏から早大学院、強い。早実だけじゃない。

【5回裏】

日大三、1点を追加し2-4。ここで早大学院はエース内田が降板しレフト。マウンドへは背番号10の佐藤があがる。

【5回終了】早大2-6日大三

日大三は満塁のチャンスで犠牲フライで1点を追加し、2-5。さらに犠牲フライで1点追加し、2-6とする。王者がコツコツと刻んでいくのか。(早大、ハロウィン的な応援している)

【試合終了】早大学院2-6日大三

日大三、犠牲フライなどでコツコツと得点をあげて勝利。2番手の櫻井(主将)が後半をピシャリと抑える。早大学院、来夏は期待。

【広告】  

【過去記事】16夏、早大学院vs創価 

【過去記事】16夏、日大三vs東海大菅生