ガリとワサビ。

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

【注目選手】日大三 日置航が新キャプテン就任 ~上田南シニア出身、夢は早実・清宮と対決~

日大三高の新主将に日置航、父・日置透も甲子園出場。

f:id:summer-jingu-stadium:20161031192101j:plain

 

2017年の夏大会では、櫻井周斗主将が率いた日大三高は東海大菅生に敗れました。その東海大菅生戦、9回の最後のバッターとなったのが、新しい主将になる彼です。

 

日大三の新キャプテンは、長野県上田市出身の「日置航」が就任。

 

1年生からベンチ入り、スタメン。遊撃手としてセンスある守りと、パンチ力ある打撃が持ち味です。すでにプロも注目し、ドラフト候補にも挙げられています。

 

【スポンサード リンク】

 

 

中学時代に3「夢は早実・清宮と対決」と語る

日置は、中学3年生のとき、2015年全日本中学野球選手権(ジャイアンツカップ)に出場し、次のように取材でコメントしています。

 

「一番、得意なのはショート。将来は巨人の坂本選手のようなプロになりたい」という。現在は、日大三でショートを任されている。また、過去リトルリーグ時代には、あの早実・清宮と戦って敗れたことを明かし、「早実と同じ西東京の強豪校に進んで。清宮さんと対決したい。」 

 

日置の父の透さんも甲子園出場

日置航の父、日置透氏も、昭和62年の夏、上田高2年のときに夏の甲子園に出場。親子2代で甲子園の土を踏んでいます。

【日置組】日大三高の新主将は日置航(ドラフト候補)、父・日置透も甲子園出場。長野・上田南シニア出身。 - 高校野球【汗と涙】