ガリとワサビ。

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

【ガラケー時代に幕】ドコモ、iモード携帯の販売終了へ。(販売終了はいつ?最後の端末は?)

【スポンサード リンク】

ドコモ、iモード携帯を販売終了

ガラパゴス携帯と揶揄されたiモード携帯。独自進化を遂げた日本の携帯電話(及び文化)の生みの親とも言える「iモード携帯」が在庫限りで販売終了するという発表をドコモが正式に行いました。

iモード携帯の販売終了時期については、201611月~12月を目途に出荷を終了し、在庫限りで販売を終了との見通しです。ただし、顧客層の分厚いシニア層をターゲットとした「iモード対応のらくらくホン」は、当面出荷を継続する計画だそうです。

iモードは、19992月開始。iモードの普及時代にはいわゆる「パケ死」という現象(&流行語)がありました。当時はデータ通信料が定額ではなく、従量課金で大変な痛い目をみた人も多いのではないでしょうか。

当時CMキャラクターに採用された広末も懐かしいですが、広告に記載された「話すケータイから、使うケータイへ。」というキャッチフレーズは”携帯電話の利用スタイル”の大転換を物語っていますね。

f:id:summer-jingu-stadium:20161102202553p:plain

【広告】  

iモード携帯が販売終了へ ドコモ、サービスは継続(朝日新聞)

NTTドコモは2日、従来型携帯電話(ガラケー)でインターネットを使える「iモード」に対応した端末の販売を在庫がなくなり次第終えると発表した。11~12月の見通しという。iモードのサービスは今後も続ける。ドコモは昨年6月から、スマホと同じ「spモード」という方式でネットにつながるガラケーを発売している。iモードはドコモが世界に先駆けて開発し、1999年にサービスを始めたが、iモード用につくられたホームページしか表示できないのが弱点だった。ドコモは自由にネットが楽しめるスマートフォンの登場に合わせ、10年からスマホ向けのネット接続サービス「spモード」を始めていた。

f:id:summer-jingu-stadium:20161102202605p:plain

15年11月に発売された最後のiモード携帯「P-01H」