読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリとワサビ。

話題のニュース・高校野球・グルメ

【新伝説】大谷翔平が今度は東京ドームの「天井」に飛び込む特大フライ(2塁打)という伝説!!推定飛距離は??

あの大谷が東京ドームの「天井」に飛び込む特大フライ!

またも大谷がやらかしました。侍ジャパンの強化試合の対オランダ戦で代打で出た大谷が、東京ドームの天井に飛び込む特大フライを打ちました。天井からはボールが落ちてこなくてザワザワ。東京ドームの特別ルールが適用され、2塁打となりました。さすが大谷、またもやってくれましたね。スーパースター。推定飛距離は150-160メートルと報道されています。

【広告】  

f:id:summer-jingu-stadium:20161113204149p:plain

打球が消えた大谷が天井裏へ仰天の二塁打!(サンスポ)

日本は七回に代打で出場した大谷(日本ハム)が天井裏へ消える仰天の二塁打を放った。オランダの選手が天井を見つめながら、目を丸くする。6点ビハインドの七回、先頭打者として代打で登場した大谷の打球は高々と舞い上がると、屋根として覆われている膜と膜の隙間へ消えた。東京ドームのローカルルールで、記録は二塁打。天井がなければスタンドインしていたような強弾道の打球に、大谷はダイヤモンドを一周して、一度ベンチに戻った。二塁に戻る際はオランダ選手と顔を合わせ、両手を広げながら、笑みを浮かべた。

【広告】  

「屋根にボールが当たったらどうなるの?」東京ドーム特別ルールとは?(東京ドームサイトより)

東京ドームシティ|野球情報|東京ドーム野球ファン情報 東京ドーム 特別ルール

打球が天井の穴や隙間に挟まって落ちてこなかったら?

ホールインワン、じゃなくてボールデッド。それがフェア地域内なら打者、走者ともに2個の安全進塁権が与えられる。それがファウル地域ならファウルボールとなるんだ。

誰が一番始めに特別ルールが適用されたの?

東京ドームでの特別ルール適用第1号となったのは、1988年の日ハム対阪急の試合。阪急のウィリアムズ選手が日本ハムの西崎投手から打った打球が天井に直撃して跳ね返った打球が3階内野席に落ちたため、記録がファウルになったのが最初。

特別ルール最初のホームランは誰?

東京ドーム特別ルールで最初にホームランになったのは、近鉄のブライアント選手。日本ハム角投手から打った打球が、なんと天井から吊されたスピーカーに直撃したんだ。この打球はセンター前に落下したんだけど、史上初の認定ホームランになったんだよ。この打球の推定飛行距離は160mで、東京ドームの記録上、最も大きなホームランとなったんだ。ブライアント選手以来このスピーカーに打球を当てた選手には、なんと150万円が贈られるんだよ。

※2016年より天井大型スピーカー撤去に伴い、この特別ルールはなくなりました。

【広告】  

過去の同様のケース(ウィキペディアより)

打球が天井の穴や隙間、懸垂物などに挟まって落ちてこなかった場合→フェアゾーンであればエンタイトルツーベース。ファウルゾーンであればファウル。

2002年(平成14年)7月18日の対横浜戦で松井秀喜が横浜の森中聖雄から記録。実際には挟まっておらず二重構造の膜の間を通ってライトスタンドの巨大看板上の照明付近まで転がっていた。この「幻のドーム場外」ボールは2日後に取り出され、現在、当ドーム内の野球体育博物館に松井本人のサイン入りで保存されている。