ガリとワサビ。

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

【速報】二松学舎 大江、巨人と契約金3,000万、年俸480万で仮契約(ドラフト6位)

二松学舎 大江、巨人と契約金3,000万、年俸480万で仮契約

 この3年間、東東京地区を牽引し盛り上げた二松学舎のエース大江が、巨人からドラフト6位指名を受け、仮契約が行われた。契約金は3,000万円、年俸は480円。契約の際、片親で育ててくれた父に感謝を述べたという。

f:id:summer-jingu-stadium:20161117073750j:plain

【広告】  

巨人ドラ6大江が仮契約 小3で両親離婚、親孝行誓う「早く1軍で」(スポニチ)

巨人からドラフト6位で指名された二松学舎大付の大江が親孝行を誓った。都内のホテルで入団交渉に臨み契約金3000万円、年俸480万円で仮契約した左腕は「ここまで成長できたのは親が陰ながら苦労してきたから」と、同席した父・広志さんに感謝した。小学校3年で両親が離婚。弁当を作るなど男手一つで育ててくれた。「早く1軍で活躍してプレーを見てもらいたい」。東京ドームに招待して勇姿を見せることが目標だ。

【広告】  

プロ注目の二松学舎大付・大江、涙の敗戦/東東京(日刊スポーツ)

<東亜学園7-6二松学舎大付>◇26日◇準決勝◇神宮

二松学舎大付のプロ注目左腕、大江竜聖投手(3年)が決勝を前に姿を消した。5回に5点を失い、6回1死後に降板した。投球数145。最速149キロを計測しながら、3度目となる満塁のピンチで崩れた。7回、自ら本塁打を放って反撃したものの届かなかった。「疲れはなかった。調子もよかったのに、打たれるのが怖い感覚になった。初めてです」。相手校歌が流れる中、涙が止まらなかった。

この試合終了後、小雨の降るなか、二松学舎ナインの最後の姿を見ようと、神宮球場の外にはたくさんの二松学舎ファンが出待ちしていました。足早にバスに乗り込んだ二松学舎ナインですが、神宮球場を出るとき、動き出したバスの窓からこれまで応援してくれたファンに対して、エース大江が涙ながらに感謝を伝えていたのが印象的でした。