読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリとワサビ。

話題のニュース・高校野球・グルメ

【選抜甲子園】ラガーさんが予想する21世紀枠出場校は? 〜日大三か、それとも慶応か?も大胆予想〜

高校野球

ラガーさんが予想する21世紀枠出場校とは?

甲子園をで盛り上げるラガーさんの正体は、善養寺(ぜんようじ)さん。都立文京高校出身の高校野球ファン。そのラガーさんが東スポの取材で、春の選抜甲子園、21世紀枠の候補高校をずばり予想しています。

f:id:summer-jingu-stadium:20161120173347p:plain

【広告】  

(1)ラガーさん予想:21世紀枠は?

答え:不来方、多治見、中村の3高校

  • 不来方(岩手):不来方(こずかた)は部員10人で県決勝まで進んで話題
  • 多治見(岐阜):県優勝校。創立100年近い歴史ある伝統校。文武両道の進学校
  • 中村(高知):高知県決勝で四国大会で優勝した明徳を撃破

2)ラガーさん予想:日大三と慶応義塾はどちらが選抜へ?

答え:64で慶応

理由:「順当に慶応か日大三どちらかだけど、慶応のほうが据わりがいい。単純に比較して神奈川1位と東京2位だし、関東代表は北関東に集中し過ぎてる。神奈川は去年も選ばれなかったし、高野連としては甲子園で早慶戦をやりたいはず。僕は6・4で慶応と見てる。」(引用)

【広告】  

【東スポ引用】センバツ出場32校どこよりも早く完全予想

センバツ出場32校どこよりも早く完全予想 清宮のライバルは

第89回選抜高等学校野球大会は、来年3月19日から甲子園球場で行われる。出場校は来年1月27日の選考委員会で決定するが、注目は3季ぶりに甲子園に帰ってくる怪物・清宮幸太郎主将(2年)率いる早実(東京)だ。センバツ前哨戦とも呼ばれる神宮大会で準優勝の成績を残した早実のライバルとして、どの学校が出場してくるのか。本紙アマチュア野球担当記者と「甲子園のラガーさん」でおなじみの善養寺隆一氏(50)が一般出場枠から21世紀枠まで、センバツ出場32校をどこよりも早く完全予想した。

アマチュア野球担当・佐藤記者(以下・佐藤)まずは一般出場枠の予想から。全国の高校野球ファン代表としてラガーさんの見解は?

善養寺氏(以下・ラガー):北海道は地区優勝の札幌第一が順当だね。東北2枠は優勝校の仙台育英(宮城)と準優勝の盛岡大付(岩手)。仙台育英の左腕・長谷川(2年)は神宮大会で最速を143キロに更新したし、注目だよ。ここまではどこも異論はないと思う。問題は関東・東京だね。

佐藤:6枠のうち4枠が関東で1枠が東京。残る1枠は成績を加味して関東と東京で争うわけですが。

ラガー:まず関東4枠は関東大会優勝校の作新学院(栃木)、準優勝の東海大市原望洋(千葉)、ベスト4の前橋育英(群馬)と健大高崎(群馬)。東京はもちろん優勝校の早実だね。関東5枠目は慶応(神奈川)が最有力で、東京2校目は準優勝の日大三。この2校の争いになってくる。

佐藤:日大三は神宮準Vの早実に健闘しましたし、慶応と両校選出の可能性もあるのでは。

ラガー:群馬の1校を外すってこと? 過去に関東のベスト4を落としたことはあったけど、近年の傾向を考えるとまずないね。順当に慶応か日大三どちらかだけど、慶応のほうが据わりがいい。単純に比較して神奈川1位と東京2位だし、関東代表は北関東に集中し過ぎてる。神奈川は去年も選ばれなかったし、高野連としては甲子園で早慶戦をやりたいはず。僕は6・4で慶応と見てる。

佐藤:北信越、東海地区はどうでしょう。

ラガー:ここも順当に優勝校の福井工大福井(福井)と、準優勝の高岡商(富山)。東海も静岡(静岡)と至学館(愛知)のツートップだね。至学館は愛知の私学4強に全部サヨナラ勝ち。勢いがあるよ。

佐藤:番狂わせといえば大阪1位の上宮太子が近畿大会では準々決勝で神戸国際大付にコールド負けしました。

ラガー:残念だけど上宮太子は無理ですね。近畿は6枠プラス神宮枠で7枠だから、上から履正社(大阪)、神戸国際大付(兵庫)、大阪桐蔭(大阪)、滋賀学園(滋賀)が当確。阪神・淡路大震災のころは兵庫3校目もあったけど、さすがにもうやらない。あとの3枠はベスト8から上宮太子を除いた智弁学園(奈良)、報徳学園(兵庫)、高田商(奈良)になる。注目は履正社の安田(2年)。高校通算44発、清宮と並ぶ西のスラッガーだよ。

佐藤:中国・四国、九州地区は?

ラガー:中国・四国の5枠は22で残り1枠が3校目同士の比較になる。中国が宇部鴻城(山口)と呉(広島)、四国は明徳義塾(高知)と帝京第五(愛媛)が当確だね。あと1枠が創志学園(岡山)か英明(香川)だけど、ここは創志学園を推したい。理由は21世紀枠にあって、中村(高知)ってとこが県決勝で四国大会で優勝した明徳を破ってて21世紀の筆頭候補。高野連としてはどうしてもここを出したいはず。だから同じ四国の英明は地域性で不利になる。九州は上位4校の福岡大大濠(福岡)、東海大福岡(福岡)、熊本工(熊本)、秀岳館(熊本)。宇部鴻城の大型ショート嶋谷(2年)と、福岡大大濠の三浦(2年)と古賀(2年)のバッテリーは要チェックだね。

【広告】  

佐藤:一般枠が出揃ったところで、21世紀枠に移りましょう。候補はどんな感じですか?

ラガー:東北は不来方(こずかた=岩手)と、県優勝校の横手(秋田)だね。不来方は部員10人で県決勝まで進んで話題になったけど、ネックとしては去年釜石(岩手)が選出されたこと。2年連続で岩手があるのかどうか。でも10人のインパクトは大きいよね。

佐藤:関東・北信越はどうでしょう?

ラガー:関東は石橋(栃木)が候補だけど、かなり難しい。北関東に集まりすぎなんですよ。北信越は小諸商(長野)。バッテリーはいいんだけど、特徴がないね。選出はちょっと厳しいかな。東海は多治見(岐阜)だね。県優勝校で、創立100年近い歴史のある伝統校。文武両道の進学校でもある。

佐藤:進学校といえば近畿の洛星(京都)も面白い。

ラガー:ここも部員10人で毎年東大にも合格者を出す超進学校。ただ、神宮枠が近畿に来たことで近畿8校は現実味が薄い。本来なら21世紀枠筆頭だっただけに、洛星にとっては神宮大会の結果はショックだろうね。中国・四国はさっき話した中村。九州は高千穂(宮崎)があるけど、強調材料がいまひとつだから、なんとも言えないかな。

佐藤:そのなかでズバリ3校に絞ると?

ラガー:不来方、多治見、中村でいくよ。

 ☆ぜんようじ・りゅういち

1966年8月13日生まれ。東京都豊島区出身。小学校から野球を始め、中学時代はライトでレギュラーとして活躍。都立文京高校進学後、選手生活に別れを告げ野球マニアの道に進む。高校卒業後、父が営む印刷会社に就職。1999年から春の選抜、夏の選手権大会全試合を甲子園のネット裏最前列で観戦。黄色い帽子とラガーシャツから「甲子園のラガーさん」と呼ばれ親しまれる。