読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリとワサビ。

話題のニュース・高校野球・グルメ

【ニュース】日大三のデカプリオ金成、高校通算本塁打は19号に。(かなりれお)

高校野球

日大三のデカプリオ金成、高校通算本塁打は19号に

日大三の金成麗生(かなりれお)、193センチ・101キロという超巨大な体。ハーフの顔立ち。名前がレオであることから「日大三高のデカプリオ」と呼ばれています。東大和との練習試合で「高校通算19号ホームラン」を放ちました。日大三の選抜出場は微妙な状況(慶応が選出される可能性がやや高いとの噂)ですが、夏に向けて大注目の選手です。ちなみに、そんなレオにプロ野球球団の「レオ(西武ライオンズ)」が興味を示しているようです。

f:id:summer-jingu-stadium:20161103190947j:plain

【広告】  

日大三のデカプリオ金成レオ様 高校通算19号「早実を倒したい」(スポニチ)

練習試合  日大三320都東大和 (1123  日大三グラウンド)

日大三の金成が都東大和との練習試合に「4番・一塁」で出場し、6打数5安打2打点と活躍。年内最後の試合で5回には高校通算19本目となる左越えソロを放ち、「しっかりボールを呼び込むことを意識した。内容は良かったと思う」と納得顔で振り返った。米国人の父を持ち、1メートル93、101キロの恵まれた体格。イケメンで名前も麗生(れお)とあって、俳優のレオナルド・ディカプリオにかけて「デカプリオ」の愛称を持つ。秋季東京都大会決勝では清宮率いる早実にサヨナラ負けを喫し、準優勝。決勝後の練習試合で5番から4番に昇格した。「荷は重いけれど、チームのために打ちたい」。決勝で清宮から5打席全て三振を奪った左腕・桜井も先発し、3回を無失点。来春のセンバツ出場の可能性は残されているが、金成は「夏に懸ける。早実を倒したい」と誓った。

【広告】  

プロフィール

・相模原市出身

・相模ボーイズに所属

2年夏に投手から一塁手に転向

・左投左打ち

・足のサイズは32センチ

金成麗生(かなり・れお)

1999年(平11)7月30日、神奈川・相模原市生まれ。小1から相武台レッドジャガーズで野球を始める。相陽中では相模ボーイズに所属。3年春に全国大会出場。日大三では2年夏に投手から一塁手に転向。今大会は背番号「3」でレギュラー。父はアメフット経験者の米国人で、母は日本人。193センチ、101キロ。左投げ左打ち。(日刊スポーツ)