ガリとワサビ。

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

【妻夫木も感染】インフルエンザ2016、流行が開始しました(全国で流行の兆し)

【妻夫木も感染】インフルエンザ2016、流行が開始

11月の東京に雪が降り、寒い日が続いています。インフルエンザの流行の兆しが出てきているようです。その俳優の妻夫木聡ら3人がインフルにかかり、舞台「キネマと恋人」が合計4公演を中止するというニュースもあります。手洗いうがいを徹底しましょう。マスクも必須ですね。

f:id:summer-jingu-stadium:20161124155016p:plain

【広告】  

インフルエンザ患者数増 全国で流行の兆し(日テレ)

日本テレビ系(NNN 11/18() 16:15配信

全国のインフルエンザの患者数が増えていて、流行の兆しが見え始めている。国立感染症研究所によると、今月13日までの1週間に報告された1医療機関あたりの患者数は、全国平均で0.84人となり、前の週の0.59人からさらに増加した。流行の目安となる1医療機関あたりの患者数1人よりは少ないものの、流行の兆しが見え始めている。都道府県別では、沖縄県が最も多い7.97人、次いで栃木県が2.86人、北海道が1.92人となっていて、東京都は0.94人だった。厚労省は手洗いの徹底とマスクの着用を呼びかけている。

【広告】  

妻夫木聡らインフルで舞台「キネマと恋人」4公演中止(スポニチ)

俳優の妻夫木聡(35)が主演を務める舞台「キネマと恋人」(東京・シアタートラム)は、出演者複数人に新型インフルエンザ発症者が判明したため、24日午後7時、25日午後7時、26日午後1時と午後6時の計4公演を中止する。24日、劇場公式サイトで発表された。妻夫木、緒川たまき(44)三上市朗(50)の3人が羅患。