読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリとワサビ。

話題のニュース・高校野球・グルメ

【絶賛】映画「この世界の片隅に」、糸井重里・Chara・松尾スズキなど有名人が続々感想を寄せる

「この世界の片隅に」、糸井重里・Chara・松尾スズキなど業界人が絶賛

「のん」(能年玲奈)の演技(声優)がとにかく印象に残る映画「この世界の片隅に」。私も先週、池袋で見てきました。(ややネタばれですが)主人公すずが、旦那さんを見送る際、慣れない口紅をつけるシーンに、私は胸がいっぱいになり、喉の奥がすっぱくなりました。映画のエンドロールが流れている時、いろいろな感情が込み上げ、何か言葉を口から出そうとすると涙が溢れそうな、そんな後味が残る映画でした。

f:id:summer-jingu-stadium:20161203104940p:plain

【広告】  

興行収入は3億円、観客動員は22万を突破

毎日新聞によると、

興収3億円、動員22万人突破 週末興収は前週比114%(毎日新聞)

20161129

こうの史代さんのマンガが原作の劇場版アニメ「この世界の片隅に」(片渕須直監督)が12日の公開から16日間で興行収入が3億円を突破したことが分かった。観客動員は22万人を突破し、82館という小規模公開の作品としては異例のヒットを記録している。

「この世界の片隅に」は、「漫画アクション」(双葉社)で連載され、2009年に「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞したマンガ。戦時中、広島・呉に嫁いだ18歳のすずの生活が、戦争の激化によって崩れていく様子が描かれた。劇場版は、女優ののんさん(能年玲奈から改名)がすずの声優を務めていることも話題になっている。

【広告】  

糸井重里や松尾スズキなども絶賛(有名人の感想)

以下のサイトで、「この世界の片隅に」の著名人による感想がまとめられています。

www.gungun-tree.website

糸井 重里

『この世界の片隅に』を、まだ反芻している。いまさら思ったのだけれど、目のふちが濡れたくらいのことはあったかもしれないが、ぼくはこの映画で泣いてない。泣いて、感情の海に浸かってしまったら次のシーンが見られなくなる。そんな気持ちもあったし、泣かせるための「間」も用意してなかった。

松尾スズキ

この世界の片隅に、ようやく観た。嗚咽堪えてたら鼻血が出てきた。最後、拍手が起きた。俺は、それどころでなかったが、気持ちは同じでしたよ。

Chara

【広告】  

 公式ガイド

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック