ガリとワサビ。

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

【速報】山手線で発煙・異臭騒ぎ(12月4日)、原因はスマホ向けモバイルバッテリー 〜TBSなどツイッター投稿者へ取材〜

山手線で発煙・異臭騒ぎ(124日)、原因はスマホ向けモバイルバッテリー

124日(日)13時ごろ、山手線の車内で発煙・異臭騒ぎが発生。複数の方がTwitterで投稿しています。近くにいた乗客が水をかけるなどのファインプレーをし消火(これは表彰もんですね!!)。この影響で約4,000人に影響がでたそう。

なお、スマホ関連の事故は、調査会社によると、発熱・発火・発煙を伴うケースが多く報告されていると言います。対策としては、「充電コネクタにホコリや水分、金属などの異物が入らないようにする」「充電コネクタを無理に力を入れて挿入しない」「一度曲がった充電コネクタは使用しない」「スマホ等を落としたり、衝撃を加えない」「膨らんだバッテリーパックは交換する」などが有効だそうです。

f:id:summer-jingu-stadium:20161204193120p:plain

【広告】  

TBS、日テレ、テレビ朝日がツイッター投稿者へ取材する模様も

【広告】  

山手線車内で煙、原因は携帯電話の外付けバッテリー(TBS

TBS系(JNN 12/4() 18:12配信

4日昼過ぎ、JR山手線の車内で、乗客が持っていた携帯電話の外付けバッテリーから煙が出て、山手線は一時、運転を見合わせました。午後1時前、JR品川駅に停車中の山手線・外回りの車内で乗客が持っていた携帯電話の外付けバッテリーから煙が出ました。警視庁などによりますと、近くにいた数人の乗客がバッテリーに水をかけるなどして煙が出るのを止めたということで、乗客と乗員にけがはありませんでした。このトラブルで山手線・外回りは一時運転を見合わせ、およそ4000人に影響が出たということです。警視庁が、原因を詳しく調べています。(0417:12

【広告】  

スマホ関連の事故は、発熱・発煙・発火が多い(NITE報告)

NITE(製品評価技術基盤機構)によると、スマホ関連の事故は、2010年から2014年にかけて計239件とのこと。スマホ関連の事故は、発熱・発煙・発火のいずれかを伴うものが多く、充電中に充電コネクタ部が焦げて周囲の布団などを焼損し、火災にまで発展した事例も報告されている。被害状況は、重傷が5件、軽傷が60件、製品破損などが73件で、周囲の製品や建物などにも被害が拡大した事故は101件発生。

スマホや周辺機器の事故、発生箇所は“充電コネクタ”が最多――NITEが報告 - ITmedia Mobile