読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリとワサビ。

話題のニュース・高校野球・グルメ

【速報】城東 関根が慶大へ進学、北海 大西健斗も慶応進学!大興奮、六大学野球が超楽しみに

高校野球

城東 関根が慶大へ進学、北海の大西くんも慶応進学

キター!都立城東のエース関根が慶応大学へ進学です。この夏の東京大会快進撃を支えた関根、慶応大学の環境情報学部の推薦入試に合格。夏で思い出されるのは帝京戦の大熱戦、この夏みた試合で最も鳥肌がたった一戦でした。関根くんに加えて、北海高校のエースで主将の「大西健斗」も慶応へ進学。役者が揃い、六大学野球がますます楽しみになりますね。

f:id:summer-jingu-stadium:20161211095513j:plain

www.gari-wasabi.com

【広告】

 

都城東高・関根が慶大合格!都立の星となる期待大(サンスポ)

2016.12.11 05:02

今夏の高校野球東東京大会で4強入りした都城東高のエース・関根智輝投手(3年)が、慶大環境情報学部に推薦入試(自己応募)で合格したことが10日、分かった。

東東京大会準決勝では、優勝した関東第一高に0-3で惜敗したが、1メートル82、87キロのがっしりした体から最速145キロの直球を投げ込む右腕。高校時代の佐々木主浩(元マリナーズなど)をイメージさせ、プロ側はリストアップしていたが本人はプロ志望届を出さず、進学を望んでいた。

今秋のドラフトでは、都日野高から桜美林大に進んだ最速153キロ右腕・佐々木千隼投手(4年)がロッテに1位指名された。新たな都立の星となりえる関根に、慶大・大久保秀昭監督も「球に力がある投手が受験することに期待していた」と注目してきた。

東大野球部出身(内野手)で、1学年下のエースが大越健介さん(現NHK報道局)だった都城東の池上茂監督は、「野球だけでなく、勉強もやってくれたと思う。六大学(野球)が本当に楽しみ」と目を細めていた。

プロフィール:関根智輝(せきね・ともき)

1999(平成11)年1月13日生まれ、17歳。東京・葛飾区出身。新宿(にいじゅく)小1年で軟式野球を始め、新宿中で区4強。都城東では2年春からベンチ入り。今夏は東東京大会準決勝で関東第一に敗れた。1メートル82、87キロ。右投げ右打ち。家族は両親と兄2人、妹。

【広告】

 

 木更津総合の早川は早稲田へ進学

北海高校のエース大西健斗は慶応へ進学する!