読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリとワサビ。

話題のニュース・高校野球・グルメ

【速報・感想】紅白歌合戦2016、NHK制作側がコメント「多くの方々に支持された紅白になった」

紅白2016NHK制作側がコメント「多くの方々に支持された紅白になった」

注目の「第67NHK紅白歌合戦」の平均視聴率(関東地区)は、後半(2部):40.2%となりました。ハイライトはやはりNHK武田真一アナウンサーの「PPAP」です、これはものすごく破壊力ある映像になりました。毎日ニュース7を見ている視聴者であれば、腹筋が腹痛になるレベルです。

f:id:summer-jingu-stadium:20170101155606j:plain

www.gari-wasabi.com 

【広告】

 

NHK制作側が今回の紅白を振り返り、総括コメントを発表

「第67回NHK紅白歌合戦」を終えて

NHK制作局エンターテインメント番組部 部長 井上啓輔

 2016年は、リオオリンピック・パラリンピックが開催され、4年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本中が夢と希望を胸に新たな一歩を踏み出した年でした。第67回NHK紅白歌合戦は、そんな時代の空気を受け、歌で人々の夢を応援しようと、オリンピック直前の2019年、第70回までの通しテーマとして「夢を歌おう」を掲げました。そして、新たな一歩を踏み出すべく、新しいチャレンジを様々に試みました。セットでは、審査員席の位置をこれまでと大きく変え、更に2階席と同レベルにセカンドステージを設けるなど大胆な変更を行いました。演出面では視聴者の皆さんと「一緒に作る紅白」を目指し、一般公募でダンサーを募集したり、AKB48「夢の紅白選抜」を視聴者投票で決めるなど、これまでに無い企画を設定しました。更に大ヒット映画とのコラボや、タモリさん、マツコ・デラックスさんを始めとする豪華な顔ぶれにゲスト出演頂くなど、視聴者の皆さんに歌以外でも楽しんで頂ける工夫を凝らしました。その結果多くの方々に支持された紅白になったと思います。

 御覧頂き、応援して頂いた視聴者の皆様と、心揺さぶる熱唱をプレゼントして下さった46組の歌手の皆さんと、審査員、ゲストの皆様に心から御礼申し上げます。