読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリとワサビ。

話題のニュース・高校野球・グルメ

【話題】”マエケン 妻”でググると嫁「成嶋早穂」の評判がヤバい(クソ嫁・でしゃばり・猛妻・両親と不仲・不仲・恐妻力などのキーワード)

興味関心

グーグルでマエケン 妻で検索すると、嫁の評判がヤバい(クソ嫁・でしゃばり・猛妻・両親と不仲・不仲・恐妻力などのキーワード)

マエケン 妻でググると嫁の評判がヤバい。前田健太こと「まえけん」が、妻の「成嶋早穂」と一緒にさんまのまんまに出演。なんとなく「雰囲気が悪い」奥様だなぁとgoogleで「マエケン 妻」で検索すると、以下のようなヤバい評判がわんさか出てきました。(皆さんも検索してみてください)

f:id:summer-jingu-stadium:20170219085213p:plain

【広告】

 

googleで「マエケン 妻」で検索すると

  • 前田健太の嫁(妻)は成嶋早穂!年齢は?でしゃばりでさんまがムカつ
  • 前田健太の嫁姑が通帳で揉めるもメジャーでの活躍は猛妻のおかげ
  • 【マエケン】前田健太の嫁・成嶋早穂や両親との確執まとめ!
  • 前田健太の嫁・成嶋早穂のヤバすぎるエピソード
  • マエケンのクソ嫁wwwwww 
  • 広島のエース、前田健太!結婚まで一騒動あった経緯と妻の評判は
  • 前田健太が両親と不仲?原因の理由は嫁の成嶋早穂と前田の母の軋轢
  • 前田健太の大活躍は成嶋早穂アナのシナリオどおり? 
  • マエケン(前田健太)の嫁が「痛い」と言われる理由 | ヤバい速報
  • マエケンを支える「元女子アナ妻」の恐妻力

f:id:summer-jingu-stadium:20170219085232p:plain

【広告】

 

マエケンの嫁「成嶋 早穂」(wikipedia

日本のフリーアナウンサー、タレント。元東海テレビアナウンサー。本名、前田 早穂。 千葉県柏市出身。ケイダッシュグループのアワーソングスクリエイティブ所属

生年月日: 1985719 (31)

生まれ: 千葉県 柏市

身長: 163 cm

配偶者: 前田健太 (2012年から)

学歴: フェリス女学院大学

f:id:summer-jingu-stadium:20170219085249p:plain

f:id:summer-jingu-stadium:20170219085259p:plain

【広告】

 

ある業界人のコメント

「実はね、成嶋はけっこうしたたかな性格なんですよ。東海テレビ入社前、フェリス女学院大学在籍時代からレポーターやキャスターとして名をはせていたのですが、当時からスポーツ選手や芸能人など派手な人脈が多々あったと聞いています。紗栄子と結婚する前のダルビッシュ有(29)=現レンジャーズ=とも噂がありましたし、東海テレビ時代にはEXILEメンバーとも『深い仲になっているらしい』と局内でまことしやかにささやかれていた。彼女は典型的な『玉の輿狙い』タイプ。フリーになったあと、前田クンとくっついたので彼女を古くから知る人たちは口々に『ああ、なるほど。マエケンをウマいこと籠絡したんだな』と苦笑いしていましたね」

f:id:summer-jingu-stadium:20170219085313p:plain

【広告】

 

成嶋早穂の伝説

  • 浮気したマエケンにブログで公開謝罪させる 
  • TV番組で「旦那はアホすぎて世間のこと何も知らないから私が教えてやってる」 
  • TV番組でマエケンの通帳を見せびらかし(当然モザイク)満面の笑み 
  • 雨ケンに対しブログで「私がしっかり怒っておきました、夫も反省してました」 
  • 練習中に室内練習場を開放し子供を遊ばせる 
  • 移動中のマエケン&同僚選手を呼び寄せ友だちに写真&サインさせる 
  • オープン戦試合中に広島市内で自著(前田家の食卓。)のサイン会を開く 
  • メジャー移籍時「マエケン嫁が西海岸希望してる」の噂が流れ交渉相手が激減 
  • 結婚式にマエケン両親を呼ばなかったことが両親サイドの訴えで発覚

f:id:summer-jingu-stadium:20170219085332p:plain

【広告】

 

マエケンを支える「元女子アナ妻」の恐妻力” | 日刊大衆

メジャーデビュー戦から好投を続けるドジャースの前田健太(28)。この活躍は、愛妻の存在抜きでは語れない。「地元紙では、マエケンが夫人の手弁当を持参していることを報道し、料理上手で素晴らしい愛妻の存在も大きなプラス材料になっていると称えたんです」(スポーツ紙記者)

 マエケンの妻である早穂(さほ)夫人(30)は、成嶋早穂の名前でフリーアナウンサーとして活躍した才色兼備の女性。だが、彼女の凄さは、これだけではない。「ただの料理上手ではなく、彼女は『前田家の食卓』(幻冬舎)という書籍を出版するほどの料理家。手弁当はもちろん、遠征地にまで手料理を宅配便で送って、夫の栄養面をサポートしていたことも」(前同)

 だが、そんな夫人の活躍に、内心穏やかではないのではと噂される人物も。それは、TBSアナとして人気を博し、現在はフリーアナとして活躍する枡田絵理奈(30)のことだ。「2人は同い年で、学生時代はアナウンサーを目指す就活仲間の親友でした。でも就職後、2人は微妙な関係に。成嶋が就職したのが地方局の東海テレビで、枡田はキー局のTBSですからね。全国区と地域限定では、知名度も給料も違いますし」(テレビ局関係者)

 こうして別れたかに思われた2人の道。しかし、前田の後輩である広島の堂林翔太内野手と枡田が結婚することになり、再び重なり合うことになる。「同じカープ妻になった2人ですが、実は結婚の際、枡田から成嶋への報告は一切なく、そのことが2人の間の溝を深めたといいます」(スポーツ紙記者)

【広告】

 

 そして今年、2人の立場に、さらなる変化が……。「夫の年俸格差が最大に。前田は、この調子なら、出来高払いも含めて年俸14億円。広島時代も3億円の前田に対し、堂林は一軍と二軍を行ったり来たり。これが続けば、年俸1830万円からダウン必至です」(前同) 同期のライバルにダメ押し本塁打を浴びた枡田は、「その憂さ晴らしか、枡田は成嶋が帰国した際、活躍する場所を奪わんと、フリーアナの営業活動に躍起になっているとか」(同)

 ともあれ、アゲマン対決では、早穂夫人に軍配が上がった模様。だが、そんな彼女にも、こんな話が。「マエケンはかなりの恐妻家なんです。彼は結婚前、写真週刊誌にグラドルとのお泊まりデートを撮られたことがあるんですが、これで夫人と破局寸前に。マエケンの必死の謝罪もあって、無事ゴールインはしたんですが、以降、彼女には頭が上がらず、今でもお小遣い制を敷かれているそうです」(芸能記者) アゲマンと恐妻は、表裏一体なのかもしれない!?

f:id:summer-jingu-stadium:20170219085354p:plain