ガリとワサビ。

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

【熱愛・結婚秒読み】片岡安祐美に彼氏、元プロ野球選手「小林公太」。二郎系「ラーメン荘 夢を語れ」の店長だ

【スポンサード リンク】

片岡安祐美に彼氏!!その名は、元プロ野球選手「小林公太」。

萩本欽一が創設した野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」のマドンナ片岡安祐美(実は30歳)さん、ついに真剣交際が発覚!!お相手は、小林公太(25歳)さん。元プロ野球選手で、あの横浜DeNAでプレー(元投手)。

現在は、”ラーメン二郎”系ラーメンを提供するラーメン店「ラーメン荘 夢を語れ」の店長です!!

f:id:summer-jingu-stadium:20170108073339p:plain

真剣交際のきっかけは?

二人の交際のきっかけは、

15年夏に共通の知人の紹介で食事に行ったこと。

2017年の正月は、熊本の片岡さんの実家で過ごすなどしているようです。

デートはもっぱら片岡主導だとか。

 

片岡さんは、週に1回程度、自宅のある茨城県から車で1時間以上かけて同店を訪れ、買い出しや開店前の準備などを手伝っているそう。

 

片岡さんは交際について

「小林さんは私の人生で今までに会ったことのないタイプです。お付き合いして1年半くらいになります」

とコメントしています。

f:id:summer-jingu-stadium:20170108073233p:plain

結婚は?

片岡さんは取材に対して「野球漬けの毎日を送っていることにも理解がある。結婚したとしても野球は続ける。それは彼にも伝えています」とコメントしています。

【広告】  

店舗情報:ラーメン荘 夢を語れ Yume Wo Katare Tokyo

  • 住所 東京都文京区白山5-36-14
  • 営業時間 11:3014:0017:3021:30
  • 定休日 日曜
  • 席数 カウンター16
  • 喫煙 禁煙
  • 最寄り駅 東京メトロ南北線『本駒込駅』(510m) 

f:id:summer-jingu-stadium:20170108073300p:plain

お客様の声はなかなか上々だぞ!!

  • 予想以上の美味しさとクオリティにとても満足しました(^^)店主のように力強さを感じさせる一杯でした!w
  • 京都や名古屋で食べる度に「また関東に出店してくれないかな」と思っていたので今回のオープンは実に嬉しい。出てきたラーメンも期待通りで麺、スープ、具どれも満足させてくれた。

【広告】  

プロフィール:小林 公太(こばやし・こうた)

1991年(平3)9月1日、東京都生まれの25歳。多摩大聖ケ丘では甲子園出場はなし。09年育成ドラフト2位で横浜(現DeNA)に入団。1軍出場はなく、12年10月に戦力外。直後に大リーグ・インディアンスとマイナー契約を結ぶも、13年7月に退団。米独立リーグでもプレー経験がある。現役時のサイズは1メートル83、80キロ。右投げ右打ち。

アイドル好きで、AKB48Perfumeなど3つのファンクラブに入会している。一番のお気に入りメンバーは入団当初は板野友美としていたが、現在は前田敦子に変わった模様で、「(前田が)テレビで『長髪より短髪が好み』と言っていたので」という理由から髪を丸刈りにした。(ウィキペディアより)

プロフィール:片岡 安祐美(かたおか・あゆみ)

1986年(昭61)11月14日、熊本県生まれの30歳。小学3年で軟式野球部に入ると出水南中でも軟式でプレー。3年時には史上最年少の14歳で日本代表のセレクションに合格。05年3月には萩本欽一監督が率いるクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」に入団。ポジションは二塁手。萩本の後を継ぎ、11年から同球団の選手兼任監督を務める。女子野球日本代表として03、04年の世界大会連覇に貢献した。1メートル53、48キロ。右投げ右打ち。

 

f:id:summer-jingu-stadium:20170108074613p:plain

【広告】  

片岡、結婚観を語る。

17年424日放送の日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」(月曜・後9時)に出演し、交際中の元プロ野球・DeNAの投手だった小林公太氏(25)との結婚について古閑美保と掛け合いをしています。

プロゴルフ元賞金女王の古閑美保

「結婚したいと思わないの?」

片岡

「すごくいい人だし、私のことを一番に考えてくれるなと思う」

「(結婚したら)私がこっち(東京)に住むことになるんじゃないかな?」

古閑美保

「もし彼が『ラーメン屋手伝ってくれ』って言うんだったら、その時は(監督を)辞めなきゃいけないし結婚した方が良いと思うよ」

片岡

「(結婚)したいと思うよ。なんか現実的に

古閑美保

「自分がビビってんだろ」

片岡

「そう、そう」