ガリとワサビ。今、話題の…

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

【取材コメント】村上春樹の新作タイトル決定「騎士団長殺し」”とても奇妙(ストレンジ)な物語になります”

【スポンサード リンク】

【取材コメント】村上春樹の新作タイトル決定:「騎士団長殺し」”とても奇妙(ストレンジ)な物語になります”

ついに、村上春樹の待望の新作(長編小説)が172月24日についに発売されます。価格1,800円。気になるタイトルは『騎士団長殺し』[第1部 顕れるイデア編][第2部 遷ろうメタファー編]。全2冊、書き下ろし2,000枚の長編小説。長編小説としては「1Q84」(20092010年)以来の約7年ぶりの刊行となります。また、文藝春秋から出版された「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(2013年)からは約4年ぶりとなります。

f:id:summer-jingu-stadium:20170110194856p:plain

【広告】

 

村上春樹が取材に「とても奇妙(ストレンジ)な物語になります」とコメント

2016111日、デンマークの授賞式において、村上春樹は次作について問われ「『海辺のカフカ』より長く、『1Q84』より短い小説。とても奇妙(ストレンジ)な物語になります」と語っています。(朝日新聞引用)

【広告】

 

新潮社からのメールで情報解禁

村上春樹 最新の書下ろし本格長編 224日発売|新潮社

待望のタイトルが発表されました! 『騎士団長殺し』[第1部 顕れるイデア編][第2部 遷ろうメタファー編]――今までの村上作品とは一風変わった印象を受けるタイトルですね。どんな内容なのでしょうか? 発売日の224日まで、詳しい情報は随時このメールでもお知らせしていきます。お楽しみに!