ガリとワサビ。

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

【謎の病名】清水富美加「ぺふぺふ病」と告白。症状とは?医学専門家に聞いてみたい。

【謎の病名】清水富美加「ぺふぺふ病」だったと告白。どんな症状?医学専門家に聞いてみたい。

清水富美加の「幸福の科学」出家による電撃的な芸能界引退が、各方面で大きな話題を呼んでいます。その清水富美加、昨年発売のフォトエッセー「ふみかふみ」(幻冬舎)の中で、自分自身が「ぺふぺふ病」にかかっていると告白。

ふみかふみ

ふみかふみ

 

【広告】

 

調べてみた!!!!!が・・・・

さっそく症状を調べてみるものの、それらしき病名はない。医学の専門家にそのような病気があるのかは任せたいが、もしかすると自分自身の現在の精神状態等を「独自の表現」で心境吐露したのではないかとも考えられています。

f:id:summer-jingu-stadium:20170212070610p:plain

【広告】

 

【井上公造が炎上】ミヤネ屋で宮根・井上が清水富美加側の主張に「金の価値わからない子供に大金渡してもね」と語り大炎上中。

「幸福の科学」による記者会見では、「仮面ライダーシリーズのオーディションに自分で申し込み役を射止めましたが、睡眠時間3時間で1カ月31日働いても、月給5万円、ボーナスは支給されなかった」と主張。この主張に対して、ミヤネ屋の宮根と井上公造(胡散臭いですけれども、その通りになりましたが)のコメントがひどすぎると大炎上中です。まるでアジアの児童労働問題と同様の"搾取を肯定しているともとれる発言が物議を呼んでいます。

f:id:summer-jingu-stadium:20170213190530p:plain

【広告】

 

井上公造のコメント

  • 「ずっと悩んでいたなら、なぜ毎年毎年、契約を更新してきたんだろう。宗教活動をしながら、芸能活動をしている人もいっぱいいますから。なぜ、5月(の契約更新)まで(出家を)待てないのか」
  • 「年頃の女の子は水着いやがるものなのはわかるけど、いろんな仕事をくぐり抜けて、大きくなって、スターになっていくんだと思うんです」
  • 「事務所に入って、一人前になっていく過程での話。お相撲なら十両になるまで、お給料無しが当たり前。女優として大成功していて、もともと自分の望んでいた道なのに、なぜ数日間で急変したのかがわからない」

【広告】

 

宮根のコメント

  • 「これでは引退というより(現事務所から幸福の科学への)事務所の移籍。今後も芸能活動をやるなら、なぜ5月20日(の現事務所との契約切れ)まで全うできなかったのか。これはもめますよね。いろんな方に迷惑かけているのだから、いろんな仕事が一段落してから(出家)がいいのでは」

f:id:summer-jingu-stadium:20170212070431p:plain

【広告】

 

これに対するネットの声

清水富美加、フォーゼのときは17歳で無休で働いて月収5万円ってことだけど、ミヤネ屋の宮根誠司によると「そんなにお金の価値もわからない子にガバッとあげても大変なことになるから」だって。これがアジアやアフリカの児童労働問題と同様の"搾取"だってことが、わかってないのかな。

清水富美加について、「まあね、お金の価値がわからない子供にいきなり大金を渡してもね」という宮根も、「相撲部屋だって最初は衣食住だけを保証されている」という井上公造も本当に気持ち悪い。心底気持ち悪い。