ガリとワサビ。今、話題の…

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

【2017年度】春季高校野球・東京大会の決勝・準決勝の前売り券は?決勝は、4月23日(日)に神宮第二で!

【スポンサード リンク】

2017年度】春季高校野球・東京大会の決勝・準決勝の前売り券は?決勝は、423日(日)に神宮第二で!

春の選抜高校野球は大阪桐蔭が全国制覇し、幕を閉じました。さて、「最後の夏」に向けた熱戦が早くも春、始まっています。春季高校野球・東京大会ですが、注目はなんといっても、清宮・早実と、日大三です。個人的には、昨年夏の甲子園に初出場した「八王子高校」にも注目しています。

気になる日程は以下。

f:id:summer-jingu-stadium:20170306170042p:plain

【広告】  

決勝・準決勝の日程および球場

準決勝:422日(土)10時~(第1試合)、12時半~(第2試合)

決勝戦:423日(日)11時~

球 場:いずれも神宮第二

【広告】  

前売り券は、この夏・秋大会で初導入へ。

スポーツ報知によると、清宮フィーバーを受け、今夏の東・西東京大会と今秋の都大会で、高校野球の地方大会では初の前売り券を導入されることが決まりました。春季大会は朝から大行列が予想されますね。

清宮フィーバーで東京都高野連が地方大会初の前売り券導入へ

2017227530  スポーツ報知
 今秋ドラフトの目玉、早実の清宮幸太郎内野手(2年)のフィーバーを受け、東京都高野連が今夏の東・西東京大会と今秋の都大会で、高校野球の地方大会では初の前売り券を導入することが26日、分かった。
 昨秋、都大会決勝の早実日大三戦には神宮に観衆2万人が集結。東京六大学リーグ新人戦決勝の後で開始を32分遅らせたが、長蛇の列で観客の入れ替えが間に合わなかった。前売りは自由席1万~1万5000枚を予定。武井克時理事長は「来場者の安全を確保するため。清宮効果で画期的な試み」と説明した。さらに、今春から中学生券(200円)を無料化する。
 春季都大会1次予選(3月18日開幕)、本大会(4月1日開幕)の組み合わせも決定。昨秋本大会出場64校と1次予選突破48校の計112校が本大会に臨む。今春センバツに出場する早実と日大三は、ともに4月5日の2回戦から登場。上位2校は春季関東大会(5月20日開幕、茨城)に進む。

履正社vs日大三の激戦は、履正社が12-5で制す。

優勝候補で昨秋明治神宮大会を制した履正社(大阪)と、春夏計3回の優勝を誇る日大三(東京)が激突。4万5,000人を動員。

日大三のエースで主将の櫻井、清宮を5連続三振に抑えた宝刀スライダーは甲子園でも輝きをみせました。プロ大注目の履正社3番・安田から3打席連続、4番・若林からは4打席連続三振。8回まで毎回の13奪三振。しかし、履正社の主軸に打たれ、敗退。櫻井は、中学3年時に左肘を故障し、入学後は外野手。本格的に投手へ再転向したのは昨夏から。この選抜で得た確かな自信と、悔しさを胸に、夏にさらなる飛躍を期待したいです。

f:id:summer-jingu-stadium:20170319123745p:plain

【広告】  

櫻井が、西の大砲「安田」を3打席連続三振

小倉監督のコメント

「桜井の出来はよかったが、球が浮いたので代えた。(再登板させた)監督が(試合を)壊してしまった。夏はもっと打てる打線にしたい」。エースをバックアップする打線の強化が夏への課題だ。

f:id:summer-jingu-stadium:20170320080043p:plain

【広告】  

日大三のエース櫻井のコメント

  • 「飛ばし過ぎて球が浮いた。でも、(昨秋の東京都大会で)早実、今度は履正社に通用して自信になった。秋とは違う冬(強化合宿)の収穫があった」
  • 「腕が振れなくなって、後半苦しい展開になった。最後は眺めるだけの試合になって情けない。夏に向けて、体力面をしっかりやっていきたい」
  • 「負けた時点で夏は始まっている。悔しさを持ってやっていきたい」。