ガリとワサビ。

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

【ついに】平沼翔太が初の1軍へ。敦賀気比の選抜V投手、”代打”でデビューか!右肩痛め指名打者で。

【ついに】平沼翔太が初の1軍へ。敦賀気比の選抜V投手、代打でデビューか!右肩痛め指名打者で。

あの敦賀気比旋風を支えた平沼翔太が日ハムの1軍へ初昇格することが判明しました。2打席連続「満塁弾」で当時ヒーローの松本哲幣(現在:同志社)もツイッターで声援を送っています。

【動画】2打席連続「満塁弾」で当時ヒーローの松本哲幣

日本ハム平沼がプロ初昇格!敦賀気比でセンバツV腕(日刊スポーツ)

[2017418452]

 故障者続出の日本ハムに新たなスター候補が合流する。2年目の平沼翔太内野手(19)がプロ初昇格することが17日、明らかになった。

 敦賀気比(福井)時代は、15年センバツでエース兼4番として日本一に輝いた。プロ入り後は遊撃手も、現在は右肩痛のためイースタン・リーグでも指名打者(DH)で出場している。1軍では代打デビューが濃厚だが、結果を残せば故障離脱中の大谷に代わるDH起用の可能性もある。昨年の日本一ながら最下位に低迷するチームの起爆剤として期待される。

f:id:summer-jingu-stadium:20170418070229p:plain

平沼翔太(ひらぬま・しょうた)

1997年(平9)8月16日生まれ、福井県福井市出身。小学6年から中学まで、元阪神の故小林繁さんが総監督を務めたオールスター福井に所属。敦賀気比では春夏3度の甲子園に出場。3年春には全5試合を一人で投げ抜いてチームを北陸勢初の優勝に導くなど、甲子園では通算10勝2敗。15年ドラフト4位で日本ハムに入団し、ルーキーイヤーの昨年は2軍で91試合に出場。打率2割4分3厘、0本塁打、15打点。今季年俸は520万円(推定)。179センチ、78キロ。右投げ左打ち。

【広告】

 

平沼翔太のツイッター・インスタグラム、あれ?ロン毛??

SHOTA HIRANUMA(@81614hiranuma)さん | Twitter

f:id:summer-jingu-stadium:20170418203228p:plain

平沼翔太 (@hiranumashouta) • Instagram photos and videos

f:id:summer-jingu-stadium:20170418203247p:plain

あれロン毛????

平沼の兄弟・家族秘話

  • 兄は福井県立鯖江高野球部で活躍したが、甲子園出場は叶わなかった。
  • 平沼は、福井市社西小入学と同時に、兄の姿を追って同じ学童野球チームに入部。4年生の時は捕手。投手だった兄の球を受けた。「平沼バッテリー」は投打で活躍し、注目を集めた。兄の卒業後、投手に転向した。チーム練習の後、自宅前でのバドミントンのシャトルを使った打撃練習が兄弟の日課。父・次郎さんに連れられ足羽山で足腰を鍛えたり、毎日牛乳を1リットル飲んだりもした。潤哉さんは「弟には負けたくないという思いもあったが、互いに高め合ってこれた」と話す。
  • 次郎さんによると、運動神経が良かったのは兄の方。陸上部出身の母・美佳さんの勧めで2人は中学時代、陸上部にも籍を置き、平沼投手は1500メートル走でジュニア五輪に出場したが、タイムは兄に及ばなかった。負けず嫌いで人前で決して弱音を吐かない性格という平沼投手。「ライバルであり、憧れ」という兄の背中を常に追いかけてきた。
  • 平沼投手の素質を早くから見抜いた人物がいた。プロ野球で活躍し、ヤングリーグ「オールスター福井」の総監督だった故小林繁氏。体験入部に来た平沼投手(当時小学6年)を一目見た瞬間にチームの首脳陣に駆け寄り「よくやった。よくこんな才能を見つけてきた。必ずプロ野球選手になる」と語ったという。