ガリとワサビ。

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

【速報・レポート】浦和学院7×-6花咲徳栄:決勝戦は10回裏サヨナラ ~2017春季・埼玉大会・大宮公園球場~

【レポート】決勝戦は、浦和学院7×-6花咲徳栄(10回裏サヨナラ)

浦和学院vs花咲徳栄の決勝戦 ~2017春季・埼玉大会・大宮公園球場~

浦和学院は5年連続18度目、花咲徳栄は2年連続9度目の関東大会出場の切符を勝ち取った。両高校の決勝進出は、浦和学院が5年連続16度目、花咲徳栄は2年連続9度目となる。

f:id:summer-jingu-stadium:20170506094218p:plain

準決勝の振り返り(vs市立川越、vs春日部共栄)

浦和学院は市川越に4―1で快勝。

浦学は、昨夏敗れた市川越のエース左腕・メンディスを攻略。三回に蛭間が先制打を放ち、五回に家盛の適時二塁打などで3点を加えた。公式戦初先発の右腕近野が6回無失点。

▽準決勝

 市川越 000 000 100-1

 浦和学院001 030 00×-4

花咲徳栄は春日部共栄に10―2と七回コールド勝ち。

三回にプロ注目・西川の適時打で勝ち越しに成功。六回に2点、七回には須永の2点三塁打などで3点。

▽準決勝

 花咲徳栄 104 002 3-10

 春日部共栄100 000 1- 2

(七回コールド)

【試合結果・スコア】浦和学院vs花咲徳栄の決勝戦

試合結果12345678910

花咲徳栄010220001 0   6

浦和学院023000010 1× 7

f:id:summer-jingu-stadium:20170506125924p:plain

f:id:summer-jingu-stadium:20170506113605j:image

【広告】  

【関東大会】清宮・早実と激突する埼玉2位(花咲徳栄)

茨城県で5月20日から開幕する春季関東大会(参加18校)に出場する早実(東京1位)の初戦は、埼玉2位の高校:花咲徳栄となる。

試合は5月21日の第1試合(9時開始)、球場はひたちなか市民球場となる。

なお、球場は、当初予定していた収容人数2万人の水戸市民球場から、25千人が収容可能なひたちなか市民球場へ変更した。これは、先月27日の東京都大会決勝・早実-日大三(神宮)で2万人の観衆が集まったことを受けての対応となる。

www.gari-wasabi.com

 【Twitter実況】試合中のツイッター実況シリーズ