ガリとワサビ。

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

【工事期間】浅草の「金色のうんこ」、アサヒビールのオブジェの工事はいつまで?12月中旬まで。

【工事期間】浅草の「金色のうんこ」、アサヒビールのオブジェの工事はいつまで?12月中旬まで。

f:id:summer-jingu-stadium:20171119111106p:plain

東京・浅草から見えるアサヒグループの「スーパードライホール」屋上オブジェ。

通称「金色のうんこ」が2017年11月現在、その姿はシートで覆われ見ることができない状態だ。

Twitter上でも話題となっている。

「金のオブジェ消えたの!?」

「もしや撤去されるのか…」

「金のオブジェが消えてるんですって!」

【スポンサード リンク】

 

金色のうんこの正式名称は?

この金のオブジェは、アサヒビールの創業100周年を記念し本社の隣に建設されたもの。正式名称は「フラムドール」で、フランス語で“金の炎”という意味。

「フラムドール」はフランス人建築家・デザイナーのフィリップ・スタルク氏が設計。

長さは44メートル、重さは360トン。造船場で潜水艦と同じつくりで作られ、17つに分けたものを屋上で繋げたという。

何の工事?

1989年に完成したオブジェは、2005年に1度塗り替え工事を行ったが、塗装面が徐々に白くなってきたことから現在2度目の塗り替え工事を実施している。

工事期間はいつまで?

再び金色になった姿を見られるのは12月中旬だそうだ。

【スポンサード リンク】

 

【目次】記事のあらすじ解説