ガリとワサビ。

今最も読んでおきたい話題のニュースはこれ

【2017-2018年度】高校野球における不祥事等による処分(対外試合禁止など)

f:id:summer-jingu-stadium:20171123090756p:plain

高校野球部の不祥事、2016年度は過去5年で最少に 高野連が発表

指導者の体罰や部員間の暴力など、全国の高校の野球部で起きた不祥事件数は2016年度、899件で過去5年で最も少なかったと、発表した。2012年度からの過去5年で不祥事件数が最も多かったのは13年の1150件。指導者による体罰の処分件数は68件あったが、昨年度は31件に減った。日本高野連の常本明・審議委員長は「高知、福岡、奈良、香川の4県が体罰根絶宣言を出すなど、各都道府県連盟が体罰や暴力をなくそうと努力してくれている成果ではないか」と語った。部員の暴力や飲酒・喫煙も減った一方、SNSなどインターネット上のトラブルは件数が増えているという。

【スポンサード リンク】

 

甲子園出場校の大阪偕星学園、大宮工が対外試合禁止

[2017年11月21日18時4分]

日本学生野球協会は21日の審査室会議で高校の処分を決め、大宮工(埼玉)は部員の器物破損などで10月8日から来年7月6日まで対外試合禁止となった。来夏の全国選手権大会の地方大会出場は差し支えない。秋季中国大会で優勝したおかやま山陽(岡山)は副部長へ暴力を振るったコーチが11月2日から1年間の謹慎。一昨年夏の甲子園大会に出場した大阪偕星学園は、部員の部内いじめなどで11月1日から6カ月の対外試合禁止処分を科された。

対外試合禁止処分の期間、理由は次の通り。

周防大島(山口)10月14日~来年4月13日=部員の飲酒、窃盗、喫煙▽羽島(岐阜)10月7日~来年4月6日=部員の喫煙▽神戸高塚(兵庫)10月13日~来年4月12日=部員の部内いじめ▽大宮工(埼玉)10月8日~来年7月6日=部員の器物破損、迷惑行為▽学校名非公表 11月5日~来年2月4日=部員の盗撮▽大阪偕星学園 11月1日~来年4月30日=部員の部内いじめ、遊技場遊技、喫煙▽栗東(滋賀)11月1日~来年1月31日=部員の部内いじめ

【スポンサード リンク】

 

田奈が部内いじめで対外試合禁止 高校12件処分

[2017年10月20日17時55分]

日本学生野球協会は20日の審査室会議で高校12件の処分を決め、田奈(神奈川)は部員の部内いじめで9月12日から来年3月11日まで対外試合禁止となった。田辺(京都)は部員の部内暴力で10月11日から3カ月の対外試合禁止を科された。児童買春・ポルノ禁止法違反などの疑いで逮捕された今治西(愛媛)の副部長(当時)は7月25日から無期謹慎となった。

【スポンサード リンク】

 

美濃加茂の副部長ら謹慎 100m100本走らせる

[2017年9月15日17時46分]

日本学生野球協会は15日の審査室会議で高校20件の処分を決め、美濃加茂(岐阜)で2年生部員に100メートル走を100本以上走らせる不適切な指導をした副部長と、指導を承知しながら止めなかった監督がともに8月25日から6カ月の謹慎となった。軟式の生野工(大阪)は部員の喫煙、飲酒、無免許運転などで7月14日から1年間の対外試合禁止。横須賀(静岡)は部員の喫煙で9月1日から6カ月の対外試合禁止となった。

【スポンサード リンク】

 

福岡工の監督ら処分、個人情報漏えいや暴力など

[2017年7月25日16時7分]

日本学生野球協会は25日の審査室会議で高校4件の処分を決め、個人情報漏えいがあった福岡工の監督が5月28日から11月27日までの謹慎となった。新入生歓迎行事で2、3年生の学業の成績と進路希望を漏らした。球磨工(熊本)の監督は部員への暴力で6カ月の謹慎となった。広島観音の監督は部員への暴力、部長はその報告が遅れたため、ともに3カ月の謹慎。

【スポンサード リンク】

 

米子北が対外試合禁止、流通経大柏監督は暴力で謹慎

[2017年6月20日17時14分]

日本学生野球協会は20日の審査室会議で高校など8件の処分を決め、米子北(鳥取)は部員が部外でいじめをしたとして5月16日から7月14日まで対外試合禁止となった。同校は夏の鳥取大会には出場可能だが、関与した部員の出場は認めない。流通経大柏(千葉)の監督は部員への暴力で5月31日から11月30日までの謹慎となった。

【スポンサード リンク】

 

淀川工科が部員の喫煙で対外試合禁止 高校5件処分

[2017年5月12日17時34分]

日本学生野球協会は12日の審査室会議で高校5件などの処分を決め、淀川工科(大阪)が部員の喫煙で4月13日から7月7日まで対外試合禁止となった。チームは夏の大阪大会に出場可能だが、関与した部員の出場は認めない。近大高専(三重)のコーチは飲酒運転と分かっている車に同乗したとして、4月21日から1年間の謹慎となった。

【スポンサード リンク】

 

明野の副部長らに謹慎処分 学生野球審査室会議

[2017年4月14日18時47分]

日本学生野球協会は14日の審査室会議で高校6件、大学1件の処分を決め、高校では盗撮で教諭を懲戒免職となった明野(三重)の副部長が3月23日から2年間の謹慎処分を受けた。八頭(鳥取)の監督は部員に連日、長時間のうさぎ跳びをさせる部内体罰で謹慎2年となり、部長を3カ月、コーチを6カ月の謹慎とした。豊川工(愛知)の部長は中学生との合同練習規定違反により6カ月の謹慎となった。広島大の監督は暴力で4カ月の謹慎。

【スポンサード リンク】

 

【目次】記事のあらすじ解説